プレミアムがオススメです ニチドウメディフィッシュの感想とレビューならココッ!

卵胎生(卵を体内で孵化させて稚魚を産み落とす)なので、卵で産まれるよりも稚魚で産まれる方が生き残りに有利と言われています。餌付けにもいいです。一説にはミドリフグがこれを食べるようなのでアベニーにも挑戦をしていますが効果は0です! 【追記】赤虫と混ぜたら、これだけでもアベニーも食べるようになりました・・・が!粒が大きいので大人サイズのアベニーでも上手く食べることが出来ないご様子。

早速ご紹介♪

2017年10月02日 ランキング上位商品↑

ニチドウ プレミアム メディフィッシュ日本動物薬品 ニチドウ プレミアムフード メディフィッシュ 30g 熱帯魚 餌 エサ 関東当日便

詳しくはこちら b y 楽 天

特殊原料の耐熱性ビタミンC・トルラ酵母ラクトフェリンが熱帯魚の健康を維持することで、免疫が維持されます。。メスの方がオスより大きく成長して!オスの2倍ほどになる個体もいます。。浮上性ですが、緩慢沈下タイプがあればより使いやすいと思います、個人的に。ハナダイにあたえたらメディマリンより食いがよかったです。■エンドラーズ・ライブベアラーとは(ネット調べ)カダヤシカダヤシグッピー属に属する卵胎生メダカの一種で、ベネズエラの湖に生息している。(注)添付画像はネットより…小さいのがオス!大きいのがメス。−−−−−■本品の特長(商品説明より抜粋)栄養価と嗜好性に優れるブラインシュリンプの卵を配合した小型熱帯魚用飼料です。。稚魚も食いつきますが!ちょっと無理そうです。アッという間に無くなってしまいます。うちでは!メディフィッシュ・メディグッピー・おとひめ・フィッシュボンを混ぜて海水魚の餌として使ってます。卵胎生で、子供(ライブ)を運ぶ(ベア)するからとされる。ただ、沈まないので、底にいる魚はたべれません。ラクトフェリンが白点予防になっているのかはわかりませんが!今のところ白点になっていません。ミドリフグのサイズなら問題ないでしょうね。普通のお店で購入するよりかなり安かったです!5年ほど前に2ペア(オス・メス2匹ずつの計4匹)から飼い始め、もう何代目になっているか判らない100匹以上?のエンドウ君(エンドラーズ・ライブベアラー)用で定番購入。病気の予防になるかもという思いで日淡(タナゴなど)にあげています。うちの水槽のお魚さん、みんな好きみたいで気に入って食べています。(添付動画)食つきが非常に良く、栄養価満点のエサなので、これからの使い続けます。このエサの良いところは…すぐに沈まないところ。我が家の水槽には欠かせません。美味しいのか食いつきもいいです!白点を予防してくれるという口コミがあるようなのでそれを期待して購入しました。オスは非常に鮮やかな色彩をもち!体側の黒斑や色彩の違いなどさまざまなバリエーションが作出されている。病気回復の為に、ラクトフェリンがいいと聞いたので購入。※ただ本当にゆったりと水中を漂うので給餌時は水槽内が汚く見えます。トランスルーセントグラスキャット用に!中途半端に浮く餌が必要だった為に購入。食い付きはなかなか良いです!ただ餌を投入して漂わせる為に、スプーン等でちょっと波を起こさないといけないのがネック。。名前の由来は!1992年にドイツから導入された美しい種で!エンドラーというのはこの魚を発見した人の名前が由来。糸ミミズや赤虫も食べず、他のテトラ類と同じ餌を食べるグラスキャット達でしたが、餌を取られたり、すぐ底に沈んだりとなかなか食べられず困っていました。粒は1,2ミリくらいの大きさで浮遊性です。水流で沈んだとしても!底砂に落ちずに水中を漂ってまた浮いてきます。ひかりカラシンでは沈む速度が速いために小型(2cm以下)のレッドテトラが上手く餌を摂取できずにいたのですがこれはほんとうにゆっくりと沈んだり浮いたりするのでしっかりと摂取できていました。よく浮く餌で!水流で一旦沈んでもすぐにまた浮いてきて長く漂うので食べ残しが少なくてすみます。粒が均一でないお陰か、上手い具合に水槽の魚全体に行き渡るみたいで気に入っています。−−−−−本品の特長(商品説明より抜粋):栄養価と嗜好性に優れるブラインシュリンプの卵を配合した小型熱帯魚用飼料です。使用していますが、食いつきバツグンです。今 与えている餌より柔らかくて食べやすいのか!混ぜてあげてもこちらばかり選んでいるようです。水面近くにいることが多い稚魚たちには!指ですりつぶしてあげてます。とくに!メダカたちが食べやすそうにしています♪4年ほど前から飼い始め!もう何代目になっているか判らない50尾ほどのエンドウ君(エンドラーズ・ライブベアラー)用で定番購入。特殊原料の耐熱性ビタミンC・トルラ酵母ラクトフェリンが熱帯魚の健康を維持することで、免疫が維持されます。食べ残しが少ないです。浮遊性で!入れると!大きさ1,2mm〜0.何ミリの粒がパッと水面に広がり!大きい粒は成魚が!小さい粒は幼魚が一斉に食いつきます。メスは地味な体色。水に溶けないので!水が汚れない程度!食べ切るくらいをあげていますが!エンドウ君の成魚・幼魚の食いつきがいいですね。水槽に投入すると、大粒のはラスボラ・エスペイ、ラミレジィ、ブラックファントムがガツガツと争って食べ、その勢いで水中に舞い散った粉状の細かいのを小さいラスボラ・アクセルロディが、素早く拾って食べるといった具合です。浮遊性で、入れると、大きさ1,2mm〜0.何ミリの粒がパッと水面に広がり、大きい粒は成魚が、小さい粒は幼魚が一斉に食いつき、ほんの数秒で食べつくしますね。水が汚れやすい気がしますが!このエサ以外は食い付きが悪いので仕方ないですね。大手のフードに比べても!うちのプラティやカージナルからの人気はダントツです。下記に記したように!栄養価満点のエサなので!これからも使い続けます。また!浮遊性で浮いたり沈んだりしますので!上層魚から低層魚までまんべんなく与えることができます。できればメディマリンも置いてほしいな〜この商品とメディグッピーを混ぜて海水魚に与えています。。排水口の水流ではなかなか沈まないですねメディフィッシュは相変わらず食いがいい。また!浮遊性で浮いたり沈んだりしますので!上層魚から低層魚までまんべんなく与えることができます。稚魚も食いつきますが!ちょっと無理そうです。別の水槽のゴールデンハニードワーフグラミーや、ネオンテトラカージナルテトラもよく食べてくれます。繁殖力は旺盛で、グッピーに比べ仔を食べてしまうことが少ない。その効果の程はわかりませんが、病気にはかかっていないようです。小型熱帯魚の混泳水槽で、どの魚もみんなよく食べてくれます。特に成分の1つのラクトフェリン(タンパク質の一種)が、魚の免疫力を上げる効果があるとか?。『小型熱帯魚の健康維持と免疫維持に!』に着目し、メインのエサと一緒にカラシン系熱帯魚にあげています。何せ100尾は居ますので。体長は3〜6cm程度と小柄。エンドラーズとグッピーは簡単に交雑しますので!混泳は避けるべき。今までの餌と違ったものを他の魚も喜び、水中に漂う事でグラスキャット達も以前より食べられるようになりました。